髪のダメージは修復できる!

日本人女性に“自分の髪に自信がありますか?”というアンケートを行った結果、“自信がある”と答えた人は何と全体の10%で、それ以外の90%は自分の髪に何らかの不安・不満を持っているということが分かりました。

カラーリング、乾燥などやケア不足による髪への深刻なダメージに悩んでいる女性は非常に多く、どんなにいいシャンプーを使用しても治らない、どんなにいいトリートメント剤を使用しても効果がないと思っている人がほとんどのようです。

基本的に、髪のダメージというのは修復が可能なものとそうではないものがあります。
例えば、ドライヤーの熱でヤケドを負ってしまった髪は、2度と健康な状態に戻ることはありません。
ヤケドしているところを切ってしまうか、もしくは抜けて生え変わる以外に、修繕する方法はないのです。
しかし、それ以外の水分不足やカラーリングなどによるダメージであれば、ある程度髪を修復させることは可能です。

では、どうして修復ができるはずなのに“どんなケアをしても効果が実感できない”と感じている人が多いのでしょうか?
その答えは実に簡単で、“どうしてこのようなダメージが髪に加わってしまったのか?”という原因がしっかり分かっていないからなのです。
ダメージの原因によってケアの方法も違うのです。
ですから原因が分からないまま、手探りでケアを行っても、それはケアにはならないので何の効果も得られないのは当たり前のことなのです。

自分の髪が傷んでいる、ダメージを受けていると感じたら、まずはその原因を知ること。
そして、その原因にあったケア方法を行っていくことが必要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>